REINS(レインズ)とは?

REINS(レインズ)とは?

 

レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称です。

指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。
公益財団法人東日本不動産流通機構は通称「東日本レインズ」と呼ばれています。

不動産の購入をお考えの方に、 不動産業界が把握している網羅的で最新の物件情報のなかから検討し選択していただけるように。
不動産の売却をお考えの方に、 不動産業界全体が連携して買い手をお探しできるように。

こうした願いを実現するために不動産業界が大同団結して平成2年に誕生させたのが不動産物件情報交換のためのコンピュータ・ネットワーク・システム 「REINS(レインズ)」です。

REINSを利用した不動産取引の流れ

システム概要

 

東日本レインズでは、中央処理システムとして複数のサーバを設置し、会員の端末機(パソコン・ファクシミリ)と結び、物件の登録・検索等はすべてオンラインで迅速に処理しています。
機構内に設置してあるホストコンピューターからレインズには全国の取引事例が刻々報告されており、指定流通機構は、その豊富な取引事例の蓄積をもとに、市況を把握し理解するための最適な資料を提供しています。

会員はレインズIP型によりレインズを利用
レインズIP型とは、パソコンを使用しインターネットルートで接続して、レインズオンラインメニューを利用するタイプのことです。
従来、ファクシミリを使用してファクシミリ通信を行うタイプであったレインズF型は、ファクシミリからのマークシートによる物件登録・検索要求などの通信ルートを廃止いたしましたので、NTTBizFAX経由でレインズ日報情報・各種証明書を受信するタイプに変更になりました。
※BizFAXとは、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するFAXサービスです。(正式名 BizFAXスマートキャスト)

システム構成

レインズを利用するメリット

消費者の皆様が東日本レインズの会員不動産会社を通じ、不動産の売却あるいは購入を依頼すると、以下のようなレインズのメリットを享受できます。

 

その1. 「希望条件に沿った購入相手のスピーディな発見」

レインズにより多数の会員不動産会社がオンラインで結ばれており、売却希望物件は探している会員にリアルタイムに伝わります。そのため売買成立に至るまでの時間が自ずから短縮されます。

 

その2. 「取引事例に基づく適正な市場価格の設定」

レインズには大量の取引の事例が蓄積されており、会員不動産会社は必要な都度引き出すことができます。そのため市場の動向に基づいた、合理的且つ適正な価格の設定および把握が可能になります。

 

その3. 「お客様への今まで以上のきめ細かなサービスの提供」

レインズのオンラインシステムにより、各会員不動産会社間で不動産情報の共有化が図られたため、各会員は自ずとサービスの向上に努め積極的に差別化を推し進めています。

ページTOPへ