REINS(レインズ)とは?

東日本不動産流通機構概要

ご挨拶

 

理事長 田中 俊和(たなか・としかず) 理事長 田中 俊和(たなか・としかず)

 公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)は、1990(平成2)年、財団法人首都圏不動産流通機構として設立され、1997(平成9)年に事業圏域を東日本に拡大し、東日本不動産流通機構に組織名称を変更、2012(平成24)年4月に「公益財団法人」の認定を受けました。
 事業圏域は、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨、長野、新潟の東日本地域1都1道15県。不動産流通に関する物件情報交換を行う唯一の公益法人として国土交通大臣に指定され、宅地建物取引業法の規定に基づく専属専任・専任媒介契約物件をはじめとした各種不動産情報の登録を受け、6万6千事業所の不動産情報を共有し不動産取引を促進しています。
 機構設立以来、不動産流通における必要不可欠なインフラ(基盤)として、情報交換事業は拡大を続け、2014(平成26)年度は東日本全域で305万件もの物件情報が新規に登録され、物件情報検索などを含めた総アクセス件数は4億451万件に達しています。
 また、蓄積されるデータを活用した調査・研究事業により、不動産流通市場のさまざまな資料・指標を公表することで、不動産取引の適正化・円滑化を実現しています。
 不動産流通分野は、住宅ストックを有効に活用することで国民の住生活を豊かにし、また経済の持続的な成長・発展に資する大変重要な責務を担っています。当機構におきましては、これらの公益の実現に貢献する団体として、不動産情報交換事業の推進と変革に向けて、全力で邁進していく所存でございます。
 皆様のご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。
2015(平成27)年7月

理事会(理事名簿)

東日本不動産流通機構における、現在の役員・評議員は下表一覧(PDF)はこちら >>

 

ページTOPへ